now loading...

開発部製麺開発課課長/T.H|社員インタビュー|採用情報|株式会社ニッセーデリカ|国内最大級の製麺企業

T.H

先輩の声

「美味しい麺」の定義は変わり続ける。
理想の追求に終わりはない。

千葉工場 開発部製麺開発課 課長T.H

入社年
2008年中途入社
前職
クレジットカード会社の営業職
趣味
キャンプ、ツーリング
好きな言葉
一生勉強一生青春
「好きを仕事に」の想いで、畑違いの業界から転身。

「好きを仕事に」の想いで、畑違いの業界から転身。

前職は全く畑違いのクレジットカード会社に勤務していました。営業職で上を目指して頑張っていたのですが、数字ばかりを意識する日々に「将来もこの仕事を続けるのは難しいな」と考えるように。新しい環境で、いつまでも成長し続けたい。何かを売り込むよりも、何かを生み出す仕事がしたい。そうした考えから、異業種への転身を決意したんです。

転職先を探す際には、色々な業界をチェックしました。その中で、興味を惹かれたのが食品業界。どんな時代になっても「食」へのニーズが無くなることはありませんし、中でもニッセーデリカが事業展開する「中食」の世界は、これからまさに伸びていくと思えました。それに私自身が料理好きで、趣味はラーメン屋巡りというタイプ。今思えば、あの時に「せっかくなら、好きなものの世界で挑戦しよう」と決意したのは大正解でしたね。

あの定番商品の麺も、人知れず進化を続けている。

あの定番商品の麺も、人知れず進化を続けている。

私が所属する千葉工場の開発部は大きく2つのチームに分かれています。ひとつは新商品の企画開発や既存商品のリニューアルを総合的に行う商品開発課。もうひとつは様々な麺に特化して、配合や製法を研究開発する製麺開発課。後者は千葉工場独自の取り組みで、私はここの課長を務めています。

新商品はもちろん、定番メニューの麺も実は毎年新しい製法や原料を検討し、味わいや食感に改良を重ねています。うどんを例にあげると「つるっともっちり」が人気の年もあれば、「コシが命」の年もあり、市場ニーズは猛スピードで変化しています。ですから、部下とアイデアを出し合い、原材料メーカーや機械メーカーとも交渉・折衝し、人気店とのコラボ商品であれば店主様からも意見をいただきながら、様々な麺を開発していくのです。

試行錯誤と創意工夫を繰り返し、いくつもの新商品を企画・開発し、その中からセブン-イレブンの担当者の方や上層部の方に高評価を得たものだけが、店頭に並ぶことになります。コンセプト段階でNGになる企画も多く、かなりの狭き門ですが、だからこそ商品化できた時や、商品展示会でセブン-イレブンのオーナー様から「これは美味しい!」といった感想をいただけたときは、ガッツポーズしたくなるほど嬉しいですね。

若手と切磋琢磨して、斬新な製法を生み出したい。

若手と切磋琢磨して、斬新な製法を生み出したい。

商品開発のアイデア出しでは、上司も部下も関係なく、「いいものはいい」という公平・公正な判断を心がけています。実際、「若者向けにパンチの強い太麺のラーメンをつくろう」という企画で、私も含めメンバー全員で試作の麺を持ち寄った際には、若手のアイデアの方が美味しく、そのアプローチを採用することに。あの時は悔しかったですが(笑)、私の目標は、今後も斬新な製法で世の中に支持される商品を作り続けていくこと。ですから、新しい着眼点を得るきっかけにもなりましたし、次こそは!というモチベーションにもなっています。

当社は若手・ベテランを問わず、自分が「やりたい!」と思ったことがいいコンセプトであれば、どんどんチャンスをくれる会社です。すでに挑戦したいことが見えている人も、仕事を通して見つけていきたい人も周囲が協力的にサポートしてくれますので、ぜひ飛び込んできてほしいですね。

休日の過ごし方
holiday

  • 近くの海や川へ行き、家族でBBQや釣りをして過ごしています。沢山遊んだ後は温泉に行くのも習慣になっていますね。それに半分仕事ですが、人気のラーメン屋さんをあちこち巡ることも。時には1日に3軒はしごすることもありますね。
    • 休日の過ごし方
    • 休日の過ごし方

© NISSEY DELICA CORP. All Rights Reserved.